国際大会

【デフリンピックについて】

身体障害者のオリンピック「パラリンピック」に対し「デフリンピック(Deaflympics)」は、ろう者のオリンピックとして、夏季大会は1924年にフランスで、冬季大会は1949年にオーストリアで初めて開催されています。障害当事者であるろう者自身が運営する、ろう者のための国際的なスポーツ大会であり、また参加者が国際手話によるコミュニケーションで友好を深められるところに大きな特徴があります。

なお、デフリンピックへの参加資格は、補聴器をはずした裸耳状態での聴力損失が55デシベルを超えている者で、各国のろう者スポーツ協会に登録している者とされています。また、競技中に補聴器を装用することは禁止されています。これは身体の安全を確保する観点によるものです。

デフリンピックを運営する組織は、国際ろう者スポーツ委員会(International Committee of Sports for the Deaf)で、1924年の設立以来、デフリンピックやろう者世界選手権大会の開催、そして各国のろう者スポーツの振興など、着実な取り組みを続けています。現在の加盟国は94カ国です。

【パラリンピックとデフリンピック】

国際パラリンピック委員会(International Paralympic Committee)が1989年に発足した当時は、国際ろう者スポーツ委員会も加盟していましたが、デフリンピックの独創性を追求するために、1995年に組織を離れました。そのために、パラリンピックにろう者が参加できない状況が続いています。なお、デフリンピックの独創性とは、コミュニケーション全てが国際手話によって行われ、競技はスタートの音や審判の声による合図を視覚的に工夫する以外、オリンピックと同じルールで運営される点にあります。また、パラリンピックがリハビリテーション重視の考えで始まったのに対し、デフリンピックはろう者仲間での記録重視の考えで始まっています。しかし、現在は両方とも障害の存在を認めた上で競技における「卓越性」を追求する考えに転換しています。

【日本ろう者水泳協会とデフリンピック】

水泳競技は1965年の第10回ワシントン大会に初参加し、1977年の第13回ルーマニア大会で初のメダルを獲得できました。以来、2013年の第22回ソフィア大会までのべ31名の選手が派遣して21個のメダル、51個の入賞を獲得しております。

2017年に第23回トルコ・サムスン大会が行われます。当協会はさらなるメダル獲得に向けて強化事業に力を入れております。

【デフリンピック以外の国際大会について】

デフリンピック以外に世界ろう者水泳選手権大会とアジア太平洋ろう者競技大会があります。デフリンピックと同じく4年ごとに開催されます。世界ろう者水泳選手権大会は第2回大会(2007年・台北)から、アジア太平洋ろう者競技大会は第5回大会(2000年・台北)から参加しており、数々のメダル、入賞を獲得しております。

【過去の国際大会での成績】(入賞のみ)※世界ろう者競技大会はデフリンピックの前身

1977年 第13回世界ろう者競技大会(ルーマニア・ブカレスト)

1名参加 銀メダル1個、入賞1個

男子1500M自由形 2位、男子400M自由形 6位

1981年 第14回世界ろう者競技大会(西ドイツ・ケルン)

3名参加 銀メダル1個、入賞5個

男子200M自由形3位、男子100M自由形4位、男子400M自由形4位、200Mバタフライ5、6位

1993年 第17回世界ろう者競技大会(ブルガリア・ソフィア)

2名参加 銀メダル3個、銅メダル1個、入賞2個
 
男子100M自由形2位、200M自由形2位、400M自由形2位、1500M自由形3位、100M平泳ぎ4位、200M平泳ぎ5位

1997年 第18回世界ろう者競技大会(デンマーク・コペンハーゲン)

2名参加 入賞2個

男子50M自由形6位、男子100Mバタフライ6位

2000年 第5回アジア太平洋ろう者競技大会(台湾・台北市)

4名参加 金メダル4個、銀メダル3個、銅メダル3個、入賞1個

男子50M自由形1位、男子100M自由型2位、男子200M自由形1位、男子1500M自由形1位、男子100M背泳2位、男子200M背泳2位、男子400M個人メドレー1位、女子100M自由形4位、400M自由形3位

2001年 第19回世界ろう者競技大会(イタリア・ローマ)

2名参加 銀メダル1個、入賞2個

男子50M自由形2位、6位、男子100M自由形5位

2005年 第20回デフリンピック大会(オーストラリア・メルボルン)

3名参加 金メダル2個、銀メダル1個、入賞5個

女子400M自由形1位、女子800M自由形1位、女子200M自由形2位、男子50Mバタフライ4位、男子50M自由形5位、女子100M自由形5位、女子50M背泳ぎ6位、女子200M背泳ぎ7位

2007年 第2回世界ろう者水泳選手権大会(台湾・台北市)

10名参加 銀メダル2個、銅メダル3個、入賞9個

女子400M自由形2位、女子200Mバタフライ2位、女子800M自由形3位、男子400M自由形3位、女子400Mメドレーリレー3位、女子400M個人メドレー4位、男子1500M自由形4、5位、男子800Mフリーリレー4位、男子400Mフリーリレー5位、男子400メドレーリレー5位、男子50M自由形6位、女子400Mフリーリレー6位、女子800Mフリーリレー6位

2009年 第21回デフリンピック大会(台湾・台北市)

10名参加 金メダル1個、銅メダル2個、入賞14個

男子200M背泳1位、女子800M自由形3位、女子200Mバタフライ3位、男子100M背泳4位、男子1500M自由形4位、女子50M平泳4位、女子200M自由形5位、女子400M自由形6位、女子200M背泳7位、女子200M平泳7位、女子200Mバタフライ7位、女子100M平泳8位、男子400Mフリーリレー7位、男子800Mフリーリレー6位、女子400Mフリーリレー6位、女子800Mフリーリレー5位、女子400Mメドレーリレー6位

2011年 第3回世界ろう者水泳選手権大会(ポルドガル・コペンハーゲン市)

5名参加 金メダル3個、銀メダル3個、銅メダル3個、入賞6個

男子50M背泳1位、3位、男子100M背泳1位、3位、男子200M背泳1位、2位、女子100Mバタフライ2位、女子200Mバタフライ2位、5位、男子200M個人メドレー3位、男子400M個人メドレー4位、男子1500M自由形5位、女子50Mバタフライ6位、女子400M個人メドレー6位、男子400M自由形7位、50M背泳8位

2012年 第7回アジア太平洋ろう者競技権大会(韓国・ソウル市)

13名参加 金メダル19個、銀メダル19個、銅メダル7個、入賞22個

男子200M自由形1位、4位、男子400M自由形1位、3位、6位、男子1500M自由形1位(世界新)、2位、4位、女子100M自由型1位、4位、8位、女子200M自由型1位、2位、女子400M自由型1位、2位、男子50M自由型2位、5位、7位、女子50M自由型2位、3位、4位、男子100M自由型2位、7位、8位、男子50M背泳1位、2位、8位、男子100M背泳1位、2位、男子200M背泳、1位、2位、女子50M背泳2位、3位、5位、女子100M背泳1位、2位、5位、女子200M背泳1位、女子100M平泳1位、2位、女子200M平泳1位、2位、男子50M平泳2位、7位、男子100M平泳7位、男子200M平泳6位、8位、女子50Mバタフライ1位、女子100Mバタフライ2位、3位、男子50Mバタフライ3位、6位、6位、男子100Mバタフライ2位、5位、6位、男子200Mバタフライ2位、男子200M個人メドレー1位、4位、男子400M個人メドレー1位、3位、女子200M個人メドレー2位、3位、女子400M個人メドレー1位、男子400Mリレー1位、男子800Mリレー1位、400Mメドレーリレー2位

2013年 第22回デフリンピック大会(ブルガリア・ソフィア市)

6名参加 金メダル1個、銀メダル5個、銅メダル2個、入賞14個

男子200M自由形7位、男子50M背泳1位(世界新)、2位、男子100M背泳2位、3位、男子200M背泳2位、3位、男子200M個人メドレー2位、男子400M個人メドレー2位(日本新)、女子400M自由形7位、女子800M自由形5位、女子50Mバタフライ7位、女子100Mバタフライ6位、女子200Mバタフライ4位、7位、女子50M平泳6位、女子100M平泳7位、女子200M平泳6位、女子200M個人メドレー5位、女子400M個人メドレー5位、女子400Mリレー8位、女子400Mメドレーリレー8位

2015年 第4回世界ろう者水泳選手権大会(アメリア・サンアントニオ市)

6名参加 金メダル3個、銀メダル4個、銅メダル3個、入賞17個

男子200M自由形3位、7位、男子50Mバタフライ3位(日本新)、男子50M背泳1位(世界新)、2位、男子100M背泳1位(大会新)、男子200M背泳1位(大会新)、男子200M個人メドレー2位、男子400M個人メドレー2位、女子200M自由形6位、女子400M自由形4位、女子800M自由形5位、6位、女子200M背泳8位、女子50Mバタフライ7位、女子100Mバタフライ2位(日本新)、女子200Mバタフライ3位、4位、女子50M平泳6位、女子100M平泳6位、女子200M平泳8位、女子200M個人メドレー6位、女子400M個人メドレー4位、女子400Mリレー6位(日本新)、女子400Mメドレーリレー6位、混合400Mリレー4位、混合400Mメドレーリレー4位

2015年 第8回アジア太平洋ろう者競技大会(台湾・桃園市)

12名参加 金メダル12個、銀メダル13個、銅メダル8個、入賞8個

男子50M自由形1位(日本新)、2位、男子100M自由形5位、男子200M自由形1位(アジア新)、2位、男子400M自由形1位(アジア新)、3位、男子1500M自由形1位、2位、男子50Mバタフライ1位、3位、男子100Mバタフライ4位、男子200Mバタフライ1位、4位、男子50M背泳1位、男子100M背泳1位、男子200M背泳1位、男子50M平泳2位、5位、男子100M平泳6位、男子200M平泳5位、男子200M個人メドレー1位、2位、男子400M個人メドレー1位、2位、男子400Mリレー1位(アジア新)、男子800Mリレー1位(アジア新)、男子400Mメドレーリレー1位(日本新)、女子50M自由形7位、女子100M自由形3位、4位、女子200M自由形2位、3位、女子400M自由形2位、3位、女子800M自由形2位、3位、女子50Mバタフライ1位、女子100Mバタフライ1位、女子50M背泳2位、3位、女子100M背泳2位、6位、女子50M平泳1位、女子100M平泳1位、女子200M平泳1位、女子200M個人メドレー2位、3位、女子400Mリレー2位、女子800Mリレー2位、女子400Mメドレーリレー2位